福祉用具専門相談員の目

福祉用具プランナーのいるお店「ホームケアセンターイワサキ」のブログです。 新商品のご案内やレンタル開始のお知らせ等の情報発信ブログになります。

オムニマットをご紹介。

今回はマットレス(寝具)のご紹介です。

「オムニマット/株式会社オムニ商会」

オムニマットと言えば、ロングセラー商品で評判の良い
マットレス(寝具)なので、今更感はあるのですが
あらためてオムニマットを体験しましたのでご案内です。

オムニマットを自宅に持ち帰り、1週間ほど実際に寝た
感想ですが、一言でいうと・・・

「普通。」

です。

良い意味での普通です。

低反発系にあるゆっくり体が沈み込む感じもなく、
ポリエステル繊維系の硬さもなく、しかし適度な
硬さがあり、とても寝返りがしやすい。
そんなマットレスです。
難しいことを考えないで寝ることが出来るマットレス (笑)

他の声を確認するために
Amazonで購入者の評価を見てみました。

4件しかコメントはないのですが、4件とも高評価です★★★★☆

「病院で使用して、とても良かったので自宅でも使いたい。」
「腰痛持ちにおすすめです。」
ヘルニア持ちの方、腰に不安がある方に是非使って欲しいです。」

そんな声があります。

Amazonのコメントにもありましたが、オムニマットの
特徴である凸凹(プロファイル構造)が気になる方もいる様です。

実際に当社のご利用者様でも凸凹が苦手・・・
という利用者様がいます。
オムニマットの硬さが好きだけど、凸凹が気になって
眠れない・・・なんて方には、裏面を使ってもらう場合もあります。
裏面を使うと凸凹(プロファイル構造)の本領を発揮することは
出来ないのですが、オムニマットの適度の硬さは体感できます。

もし、マットレスでお悩みの方がいたら当社まで
ご相談ください。
印gif

サイドケイン(サイドウォーカー)をご存じですか?

「サイドケイン(サイドウォーカー)と呼ばれる福祉用具をご存じですか?」

コンパクトサイドケイン②

サイドケイン(サイドウォーカー)は
福祉用具専門相談員にしか知られていない
福祉用具だと私は思っています(笑)
もしかしたら、福祉用具専門相談員にも知
られていない福祉用具かも・・・
正しくは、忘れられている福祉用具と言っ
た方が良いかも。

そんなサイドケイン(サイドウォーカー)
ですが、当社では活躍しているのです。

使い方はシンプルに杖です。
歩行時のバランスの確保です。

四点杖より支持基底面を広げて、歩行器
よりコンパクトに移動が出来る。そんな
歩行補助杖です。
サイドケイン自体の支持基底面が広いの
で、安定感があります。

当社では、住環境に合わせて選定が出来
るようにコンパクトタイプ・スモールタ
イプ・通常タイプをご用意しております。

歩行時の利用以外にも、ベッド脇・
ソファー脇に置いて立ち上がり時の補助、
立位時の補助にも利用できます。

コンパクトサイドケイン



■コンパクトサイドケイン 
レンタル価格:1,000円/1ヶ月
ご利用者負担額:100円/1割負担額

■スモールサイドウィーカー
レンタル価格:1,600円/1ヶ月
ご利用者負担額:160円/1割負担額

■サイドウォーカー
レンタル価格:1,600円/1ヶ月
ご利用者負担額:160円/1割負担額


ドアノブを廻すのが大変・・・

今回は便利グッズのご紹介です。

「握力が弱くてドアの握り玉を握るのがツライ。」

「神経痛でドアの握り玉を廻すときに手首が痛い。」

「荷物を持っているとドアノブを廻せない・・・」

ドアハンドル


などの悩みを解決する便利グッズ『後付けドアノブハンドル』

握り玉にかぶしてネジを絞めるだけ!

簡単設置が出来るのでお勧めなのですが、注意が一つあります。

重たいドアには要注意。

なぜかと言うと、ハンドル部分が柔らかいのです。
柔らかくて “しなる” のです。
ハンドルの根元部分を握って使用する場合は良いのですが、
根元から遠いいハンドル部分を握ると、ノブを廻す時とドアの開閉
をする時に “しなり” ます。(反ります)

先日、お客様にご依頼を頂いて集合住宅の玄関扉に
ドアハンドルを設置をしました。
取り付けた後に確認をして頂いたのですが、
ドアノブを廻す事にはハンドルの効果があり廻し
やすくなったのですが、その後の開け閉め動作時に
ハンドルを握って動作をするとハンドルが “しなっ” 
てしまい、力が逃げてしまいました。
集合住宅で防火ドアのためドア自体の重さと、
気密性の高さが原因で玄関ドアがとても重くなって
いたと思います。

設置後には必ず動作の確認を行ってくださいね。

ドアハンドル②


軽いドアには、設置が簡単で効果がありますのでお勧めできます。

もし、設置に迷ってしまったらご相談ください。


印gif











正社員を募集いたします。

受付終了いたしました。
2020年11月18日更新

◎昇給・賞与あり◎
♪安心の地域密着営業♪
業務拡大中につき 
特に経験者 募集開始!

受付開始は令和2年10月26日(月)~

「ホームケアセンターイワサキ」のご紹介
清瀬市中里にある「ホームケアセンターイワサキ」は、
福祉用具のレンタル・販売をおこなっている会社です。
利用者様が快適で安全に生活できるよう、
利用者様に適した福祉用具をご提案しています。
当センターでは、
今よりも、もっと地域密着型
での事業展開を目指しています。
そのため、福祉用具専門相談員として活躍
してくださる方を募集中です。

ご興味ある方は、採用担当の吉野までご連絡ください。
電話:042-492-3522
メール:hcciwasaki001@gmail.com

働きやすい職場です。
・賞与は年2回支給があり、
日頃の貢献やがんばりを評価しています。
・土日祝休み(土曜は月2回休み)なので、
ご友人やご家族とも予定を合わせやすいです。
利用者様の気持ちに寄り添いながら業務に
取り組んでくださる方、
大歓迎!
ぜひ一緒にがんばっていきましょう!

・福祉用具専門相談員の資格がなくても、
資格取得の支援をいたします!!

<仕事内容> 
福祉用具や住環境整備の提案を通じて、
お客様と一緒に「生活」をトータルコーディネートします。
担当エリアの介護サービス事業所・包括支援センター・
医療機関と連携し、福祉用具のプロとして地域社会に貢献します。

<主な業務の流れ>
1.地域のケアマネジャーに向けて
地域密着営業を行います。

2.ご紹介いただいたお客様のお宅へ伺い、 
ヒアリングを通じて最適な福祉用具や
住環境整備の提案をします。

3.福祉用具の搬入出、設置、フィッティング
を行います。

このほか、計画書作成や定期モニタリング等
をチームメンバーと協力して行い
ます。

<給与>
正社員 月給 210,000円~   
<給与備考>
基本給 180,000円~
住宅手当 10,000~30,000円
家族手当 あり
通勤手当 あり

<休日>
土、日、祝(土曜は月2回休み)
夏季休暇(3日)
年末年始(12/31~1/4)

<歓迎要件>
-福祉用具専門相談員 経験者 歓迎!!
交通費支給
昇給 年1回
賞与 年2回
※試用期間3ヶ月(試用期間中の労働条件変更なし)

<応募要件>
■普通免許(運転するのは主にワンボックスタイプの軽自動車です。)  
■業界未経験可
■福祉用具専門相談員
福祉用具専門相談員の資格をお持ちでない方は入社後に取得頂けますので、未経験の方も応募下さい!
 (費用は会社負担。取得にかかる期間は出勤扱い。)

ご興味ある方は、採用担当の
吉野までご連絡ください。
電話:042-492-3522
メール:hcciwasaki001@gmail.com

受付開始は令和2年10月26日(月)~

ブログバナー


車いす用昇降リフトにトラブル発生

「リフトが動かなくなったので、対応してください。」

と、ご利用者様から電話があり、とりかかっていた仕事を一旦ステップしてすぐ現場に駆けつけました。

UD320

故障の原因は、ガイドポールの根元が曲がっていたために、うまくガイドに沿ってローラーが動かなかったのが原因でした。ガイドポールを交換したら通常通り動き一安心です。

問題は、「なぜガイドポールが曲がってしまったのか???」です。

ここの理由を突き止めないと同じ事が起きてしまい、ご利用者さんにご迷惑をかけてしまいます。

その後、何度かご利用者さんのお宅に訪問して、普段のリフトの使い方を拝見させていただきました。

その時に発見をしました!

デイサービスから戻ってきて、リフトに乗り込む時でした!
ガイドポールを手すり代わりにして、リフトに乗り込んでいる事を目撃しました。

このガイドポール、手すりの機能として抜群な位置と高さにあります。
握りたくなるのはわかります。

「駄目ですよ。」
と言われても無意識に握ってしまう位置です。

UD3201


「ここを握ってくださいね!」って位置ですよね?

ご利用者様とサービス関係者に情報共有をしたところ、訪問看護ステーションのセラピストさんがすぐに注意喚起のシール作ってくれガイドポールに貼ってくれました。

感謝感謝です。

今後はリフト設置時に注意喚起シールを作成して同じようなトラブルが起きないようにします。


印gif


スライディングシートがじわりじわりと広がっています。

「スライディングシートをご存じですか?」

スライディングシートを簡単に説明すると、
介護する側、介護される側の両者の負担を
軽減できる、移乗・移動を助ける福祉用具になります。

使い方は、身体とマットレスの間にスライディングシートを敷き込みだけ。
それだけで使える福祉用具です。

「なぜ、それだけの事で移乗・移動の負担が軽減できるのか?」

スライディングシートはつるつるした特殊な素材で出来ているので
摩擦を軽減してくれる効果があり、そのシートが重なり合うことで
摩擦抵抗が極限になくなり、少ない力で移乗・移動が出来るんです。

少ない力で移乗・移動が出来ると言うことは、
介護する側の負担軽減につながります。
摩擦抵抗が軽減できると言うことは、
床ずれにつながるズレが軽減できます。

そんな素敵な効果のあるスライディングシートですが、
あまり普及をしていなかったんです。

ただ、ここ最近スライディングシートを利用する方が
増えているのが実感です。

増えた理由を考えてみると、、、

①研修会・勉強会を開催してスライディングシート
の啓蒙活動をコツコツとした事。
スライディングシートを認知してもらった。

②訪問看護ステーションでのスライディングシート利用率があがった事。
⇒実際に利用者様宅でスライディングシートを使ってくれる。
⇒利用者、家族が体験して実感をしてくれる。

③利用者様宅の訪問時に課題や問題を教えて頂き、
解決策としてスライディングシートをご案内・ご提案が出来た事。
⇒モニタリング時にしっかり聴き取りが出来た事。
スライディングシートの使い方、活用方法をしっかり伝えられた事


認知度が低い福祉用具ですが、利用すると感激度が高い福祉用具です。
なので、これからもコツコツと啓蒙活動を行っていきます。

今回は、本当の独り言になってしまいました。
次回は、スライディングシートの活用方法をご案内したいと思います。


印gif



  • ライブドアブログ